カタクリ暇つぶしタイム

暇つぶしにどうぞなブログ

【驚愕】初めてのマッサージ店

f:id:katakuri21:20210713080432j:image

人生初めてのマッサージ店に行った時の話

 

何年か前の話で

 

友達と仕事終わにご飯食べにいって

 

なんか今日疲れたなーーーって話していて

 

帰る途中に、マッサージ店の看板が

 

僕「マッサージとか行ったことないねんけど」

 

友達「俺も行ったことないなーー疲れたし1回行ってみる?」

 

僕「行こうか!!!!」

 

これが初めてのマッサージ店だったの

 

f:id:katakuri21:20210713103118p:image

 

マッサージは高校の先生に休み時間に

やってもらっていた事があって

 

その先生は高校でマッサージが上手いで有名だったの

 

その先生にマッサージをしてもらうと

 

体がびっくりするぐらい軽くなるの

 

でもね

 

 

めちゃくちゃ痛ーーーーーーい!!!!!

 

マッサージ中

 

僕「あーーーーーうー!ーーー!!

 

がぁぁ!ーがおあーーー!、!。」

 

こんな感じ本当に、痛すぎるの

 

でも、終わったあとは

かなり体が楽でよくやってもらっていた

f:id:katakuri21:20210713103132j:image

 

テレビでもよくツボマッサージで

 

芸能人の人が

 

「あーーーーーうー!ーーー!!

 

がぁぁ!ーがおあーーー!、!。」

 

こんな感じでやってもらってるやん!?!?

 

だからさ

マッサージ=痛い

 

が僕の脳内にはインプットされていて

 

 

 

話が、戻って

 

f:id:katakuri21:20210713103418j:image

 

マッサージ店に、入って

 

中には何人かお客さんが、いて

 

ソファで呼ばれるまで待ち

 

順番に、呼ばれていた

 

 

 

友達「どっちが先に行く?」

 

僕「どっちでもいいなら先いくで!」

 

友達「じゃあ行ってらっしゃい」

 

 

 

 

 

 

この選択が最悪な事になるとは

思っていなかった…

 

そして、自分の番に

 

 

マッサージ師は男性だった

 

 

 

 

僕の心の声

「まあまあまあ、きっと上手いんでしょーーー疲れ吹っ飛ばしてくるよな!!!」

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の心の声

「あーーーーーうー!ーーー!!

 

あーーーーーーーーーーーーー!!!ー!!ー

 

がぁぁ!ーがおあーーー!、!。」

 

f:id:katakuri21:20210713110143j:image

 

力強ぇーーーーーんだよ!!!!!

 

 

流石に、お店の中

 

声なんかだせない

 

 

 

心の中でずっと叫んで

 

「あーーーーーうー!ーーー!!

 

がぁぁ!ーがおあーーー!、!

 

痛いよーーーー!ーー!!ー

 

痛すぎるよーーーーーー

 

 

でもこの痛さが効果絶大なんでしょ?????

 

 

我慢するよーーーーーー

 

うぉぉぉーーーーーがぁーーーー」

 

 

 

 

僕が、少し震え出したから

それに気づき

 

マッサージ師

「力加減大丈夫ですか?」

 

 

 

 

僕「え、あ、え、ぇはい!」

 

 

 

 

 

 

 

マッサージ師

「うん、バキバキっ」

 

 

 

僕の心の声

「え?さっきよりパワー強くなってね?

 

痛いーー!!ーー!!!っうぉぉぉぉ」

 

 

 

 

 

 

 

 

そこでワンピースのエースの言葉が頭に

f:id:katakuri21:20210713105928j:image

エース

「力に屈したら男に生まれた意味がねえだろう。」

 

僕の心の声

 

「痛みに負けたら男に生まれた意味がねえだろう。」

 

 

僕は体が楽になることを、思い必死に我慢

 

 

 

流石本物の、マッサージ師

 

高校の、先生以上の、痛み!!!!!

 

 

 

 

30分くらいの拷問が、終了

 

 

 

ここで二度と行かない事を決意

 

店を出る僕

 

体が軽いとかそんな次元じゃない

 

ずっと痛い

 

なんやねん!

お金払って拷問やないかい!!!!

体も軽くないし

 

痛みのことっとるやないかい!!!!!

 

マッサージの恐怖心を植え付けられただけやないかい!!!!!!!!!

 

 

もう行かん

 

絶対にいかん!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

ふと、友達が心配に、なった

 

 

 

大丈夫かな?

 

 

マッサージが痛いってこと、アイツは何もわかってない

 

自分は高校の先生に、マッサージをやってもらっていたから痛いってことはわかっていた

 

 

アイツは痛いってことすら分からずにこのマッサージ店に来た訳で

 

警戒ゼロで店に足を踏み入れている

 

店から出てきた友達

 

やたらとクールな、顔で、出てくる友達

 

僕「痛すぎて、それを相手気づかせないようにして我慢してクールな顔で店でてきたんかー」

 

僕「拷問や俺はもう二度と…」

 

とてつもない笑顔で

友達「最高やな」

 

僕「?!?!?!?!?!?!?!?!?」

 

友達「寝そうやったわー」

 

僕「いやいやいや、な、な、な、痛かったやろ?寝そうやったちゃうやろ?

死にそう、やったんやろ?な??」

 

友達「めちゃくちゃ気持ちよかったわー」

 

 

友達は女性のマッサージ師にしてもらっていた

 

友達「力加減も最高やったわーーーー」

 

僕「は?

 

 

はぁーーー???????

 

 

 

お前俺拷問やぞ!!!!!!!

 

 

ゴリゴリの、男に力任せでなーー

体が壊されかけたんやぞボケぇーーーーー!!!!!!」

 

マッサージ中寝れる?

 

は?

 

 

寝れるかーぁーーーーー!!!

 

 

 

 

 

 

そこから

友達が終始マッサージの良さを語り出す

 

 

 

 

僕は終始無視